カフェ&バー Pandy

 

 

pandy_thought_main

 

pandy_thought_imgl1

お料理への想い

私たちは地元が大好きです。
涼しくて、花々に囲まれて、美味しい食べ物が四季毎に実り、都会よりも少しだけ四季が濃い。
そんな世羅で収穫された食材を毎日食べられるように優しくお届けしたい。
ここでしかご提供出来ない世羅のお米、朝露に濡れた新鮮なお野菜、沢山の食材、週替わりのパスタや本日のランチでお楽しみください。

 

 pandy_thought_imgl2

お客様への想い

Pandyに足を一歩踏み入れていただいたその瞬間から、お帰りいただくまで、常に気持ち良くお過ごし頂きたい。
お一人で来られても、お友達と来られても、ご家族で来られても、楽しく、リラックスしていただけますように。
今出来ることを丁寧に、そして心を込めてご提供致します。
この、お客様への想いを常に胸に抱き、私たちPandyはお客様をお待ちしております。

 

 pandy_thought_imgl3

地元への想い

瀬戸内まで数十分、山合いの高原は、春から夏にかけ、比類無き花の里に変わります。
ラベンダー、チューリップ、向日葵。
100万を数える花弁は丘や山をまるで上質な反物のように染め上げます。
緋色に染まる紅葉と燃えるような山吹色が秋を知らせ、やがてシルクのような白に染まる冬。
週替わりに変わる自然色と風の香りは四季の濃度を高め、訪れる人を優しく包みます。
そんな世羅で収穫された様々な作物を、ちゃんとお召し上がって頂けることが私たちの想い。
地元への想いです。

 

珈琲への想い

Pandyでお届けさせて頂いております、スペシャリティコーヒー。
その名を名乗るためには、実はとても厳格なルールが存在します。
それは栽培から選別にかけての管理、輸送と保管の管理、抽出から風味の表現方法に渡る徹底的な管理ルール。
際立つ風味と爽やかな酸味が甘さの中で消えていくために、必要な技術と手段を全て使うことで、初めて名乗ることを許されるコーヒー。
それがスペシャリティコーヒーです。

 

 

coffe・スペシャリティコーヒー・
ー最後のカップに至る全てのプロセスで、常に最高の品質を維持することで、スペシャリティが守られるー
1978年、フランスでのコーヒー国際会議で生まれたコンセプトはやがて世界に広がります。
この基本理念は20年以上の時間をかけ、様々な場所へ最高のコーヒをお届けすることを可能にしました。
現在は世界最大のコーヒー協会となり、今もサードウエーヴ・世界を席巻している新しいコーヒーサービス・の基本理念としても広がりを見せています。

pagetop